メインイメージ画像

ペットとして飼われている動物の種類は多いです

普通では考えられないような様々なものがペットとして飼われていて、その好みも様々です。すごく表情があって賢さもある犬を好む人が多いのですが、犬の中にも、色々な種類や特徴があり、好みは人それぞれです。ぬいぐるみみたいな可愛さのあるプードル、ミニチュアシュナウザー、日本を代表する柴犬、他にもシーズーや小さなチワワ、ゴールデンレトリバー、足が短く胴の長いコーギーもとても人気です。さらに、颯爽としたシェパードやハスキー犬もいます。

犬だけ数えてもかなりの数があります。小型大型によっても好みは変わってきますし、近頃では、タイプの食い違う犬同士の関係により生まれる、ミックス犬も多くなっています。国産の犬もあれば、輸入される犬もあり、実にワールドワイドになっているのです。

確かに、多くの犬は元気で可愛く、人なつっこいという特徴がありますが、その分、世話がかかり、時間もお金もかかるので、猫やもっと小さい動物を好む人も多く、小動物類をペットとして可愛がる人たちも多いのです。



また、ペットのショップに行くとわかることですが、鳥も人気があって、オカメインコやコザクラインコ、文鳥など、可愛いものです。鳥は訓練すれば、手乗りになったり、なついたり、さらには人間のような言葉を話す鳥までいるのです。その様なペットはとても愛され、寵愛を受けているのです。そして、時にはちょっと変わったものをペットとして飼う人たちもいます。

その中には、かなり大型の亀、爬虫類系の生き物、猿、昆虫系、水槽に海水魚や熱帯魚などの魚を飼ったりする人もいます。

このように、ペットというのは無数にあり、きりがないほどなのですが、好き嫌いがあるのも確かです。そして、以前はあまり好きではなかった動物も、友人などの影響で飼ってみると、実は大変可愛くて気に入ってしまったということがあるのです。

更新情報